• 日本語空間

映画『合葬(がっそう)』

少し前から気になっていた映画『合葬』(2015)を、

huluでみました。

→無料キャンペーン中だったので!


原作は、杉浦日向子(すぎうらひなこ)のコミック。


合葬は「合同の埋葬(まいそう)」の意味。


最近ブログで言及した近世から近代への劇的な時代

の転換期の物語です。


※以下、ネタバレを含むので注意してください。


親友でありながら、志(こころざし)を異(こと)

にする3人の士族の子弟(してい)が、同じ運命に

巻き込まれていきます。


「勝てば官軍、負ければ賊軍」ということばが、

実感されます…


主人公の極(きわむ)がいう「上様(うえさま)」

とは、天皇ではなく、最後の将軍・徳川慶喜

(とくがわよしのぶ)のこと。


映画のなかでは、青年たちの一途(いちず)さが、

上の立場の人間に利用される面が描かれています。

冷静に考えれば、歴史上めずらしくない事象であり

ながら、みていて無念さが湧きます。


毎年お花見でにぎわう上野の山を血で染めて、彼ら

は、生き急いだのでした。



16回の閲覧