• 日本語空間

映画『羊と鋼(はがね)の森』

雨の週末となりました…


新学期が始まったばかりの皆さんは、緊張感のなかにいるかもしれ

ませんが、一息つきながら、課題に取り組んでほしいと思います。


最近、音声に関するお話をしました。

その流れから、今日は、映画『羊と鋼の森』(2016)を紹介します。※


原作は、宮下奈都(みやしたなつ)が書いた小説で、全国の書店の

店員が「いちばん売りたい本」として選出する「本屋大賞」を受賞

しました。


学業を終えたら、向き合わねばならない自分自身の職業は、早くに

みつかり適応していくひともいますが、一方で、迷ったり、挫折

(ざせつ)したりしながら、たどり着くひともいます。


この映画の主人公は、後者のタイプといえるでしょう。


世界がめまぐるしく転変(てんぺん)する今日、私たちは、その時々

の主流的な価値観に、影響を受けがちです。

それはそれで、個人の自由ではあります。


しかし、才能と覚悟があるなら、ピアノの調律師(ちょうりつし)の

ような職人――芸術への理解が深い――としての人生を歩(あゆ)む

のも幸いなことではないかと、映画をみて思わされました。



※「TSUTAYA」でのレンタルや、アマゾンプライムビデオでみることが

できます。

10回の閲覧