• 日本語空間

春のサウンドスケープ

教会の鐘の音(ね)と汽笛(きてき)が、シンクロ

するように響きわたりました。

時計をみると12時です。



























さらに、それに呼応するかのように鶯(うぐいす)

も鳴いています。


「春告げ鳥(はるつげどり)」の異名(いみょう)

を持つ鶯は、早春には、どこかもどかしい感じで

「ケキョケキョ」と鳴きます。

春も深まり、最近は、完璧に「ホーホケキョ」と

鳴いてみせるようになりました。














部屋でひとりきりの時間を送っていると、外界の

パニックが、別世界のできごとのように錯覚され

ます。


しかし春のサウンドスケープは、のどかであり

ながら同時に、この世界が、人間だけを中心に

できあがっているのではないことを教えてくれる

のです。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつもの5月なら、陽光が降り注ぎ風もさわやかで、 いちばん過ごしやすい季節のはずなのに、今年はやけ に雨が多く、天気が不安定だ。 何でもラニーニャ現象により、梅雨が早く到来する かもしれないとのことで、少々落胆している。 だが、今日は久しぶりに青空が広がり、外を歩いて いると空気もさらっとして心地よかった。 コロナや終わる気配のない東欧の戦争の影響で、 何があっても、心からよろこぶ気持ちになれない