top of page
  • 日本語空間

根気が勝因

年末になり、論文サポートの依頼が増えており、

羽が生えたように時間が飛び去っていく。


ブログを書かねばと思いつつ、あっという間に

週末が訪れる。


依頼内容は、学習者の数だけあり、最高度の

完成を目指す方もいれば、とりあえず締め切り

までに提出したいという駆け込みの方もいる。


こちらから、こうすべきというような強制は

一切せず、相手の希望に沿って最善を尽くす

のが常である。


以前にも何度か書いたが、傾向として非実学

を専攻する学生は、文章に対するこだわりが

強く、ただ論文を完成させるのでなく、執筆

の過程で多くのものを得ていく。

それを傍で見ることになるのは大きな喜びだ。


これまで、『日本語空間』で指導をおこなった

大学生の卒業論文がアーカイブに入ったり、

大学院生の修士論文が賞を獲得したりした。


このケースに共通しているのは、書くことの

テクニックにとどまらず、根気強さが抜きん出て

いることだ。


つまり、最後の最後まであきらめない。

締め切り直前まで、粘って、あらゆる角度から

論文の完成度を上げていくのである。


相手が、それだけ根気を持っているのだから、

こちらも、覚悟を決めてとことんつきあう!


論文指導をする一方で、自分自身の論文を執筆

しながら暮れていく年の瀬は、何よりも充実して

いる。


本当に貴いものは、目に見えないものなのでは

ないかと、しみじみ思いながら…


閲覧数:26回0件のコメント
bottom of page