• 日本語空間

武士の食べたアイスクリーム

時折、小さな通りの古本屋をのぞきます。


神田の古書店街のように、本屋が軒を連ねている

場所ではなく、洋食屋や花屋、リサイクルショップ

といった店の間に、ぽつんと一軒ある本屋です。


それが意外にも掘り出し物が多く、廉価でいわゆる

激レア(俗語で失礼)本が手に入ったりします。


希少価値というほどではないものの、表のラック

に並べられた ― 統一感のないバラバラさが楽しい

― 100円均一(!)の古い画集の中に興味を引く

表紙がありました。


日本髪を結った着物姿の女性が、うつむいて何か

をしています。

よく見ると氷を削っていて、その下にはシロップ

が置いてあるのです。


近世の香りを残した過渡期としての近代とでもいう

べきか。

古風さとモダンなテイストが相まって醸し出され。


女性が、この仕事をしているのは、あるいは客引き

的、「看板」の意味もあったと想像されます。

それゆえ、見ている分には涼しく、きれいでも、

労働者としての個人には過酷な面もあったのでは

ないでしょうか。


作者は、三大美人画家※と称され、戦前から活躍

をした鏑木清方(かぶらききよかた)。

1878年、東京の神田に生まれた彼は、ジャーナリスト

の父とは対照的に浮世絵師を志し、失われゆく江戸

情緒を愛惜しました。


日本では古くから冷蔵の手段として氷室(ひむろ)

が使われていました。

夏期に天然氷が販売されるようになったのは、近代

のことであり、かき氷(シロップをかけた)が

つくられたのは、1860~70年ごろのようです。


日本で初めてアイスクリームを食べたのは、何と

今から160年前の武士でした。

1860年に、江戸幕府が日米修好通商条約の批准の

ため派遣した使節団は、船中の晩さん会で初めて

それを口にしています。


「めずらしきものあり。氷をいろいろに染め、

これを出す。口中に入れると、たちまち溶けて、

まことに美味なり。これをアイスクリンという」。





















      「氷店」(8月)

    『明治風俗12ヶ月』より


※近代の三大美人画家として、他に

上村松園、伊藤深水がいる。

4回の閲覧