• 日本語空間

海の向こうにも

人間は、長い人生のうち一度くらい、生きる価値を疑う

こともある。


私にとって、それは、高校生のときに訪れた。


思春期特有のではなく、個別的な家庭の事情によるもの

だったので、友だちに相談することもできなかった。


そんな心情を抱えたままおとなになったが、はたちのとき、

思い切って一人で海外旅行に出た。


そこは、活気にみちた港町…!


島国の内陸部で、おのずと文化の内に落ち込んでいた眼に、

異種の事物がめまぐるしく循環するエネルギッシュな空間は、

刺激と同時に気づきをもたらしてくれた。


そのときから現在まで、自文化の「外」は、私を生かし

続けてくれている。


だから、縁が生じ、こうして異文化の玄関たる港町に

やってきたのは、精神的な帰郷のように感じる。


海の向こうにも、人間がいて、異なる文化を有し、異なる

ことばを話している。


そのことこそ、私にとっては、恩寵(おんちょう)であり、

生きる意味でもあるのだ。







17回の閲覧0件のコメント