• 日本語空間

深まる秋に

今日、学習者の方たちにEJUの受験票が届いた

そうです。


深まる秋は、まさに受験シーズン。

決戦の時は間近です!


「日本語空間」に依頼してくる方たちの多くは、

通常よりも早い時間で結果を出すべく

サバイバル的な状況を突破しようと試みています。


余裕がないため、逡巡や自信喪失もめずらしく

ありません。


しかし「もうダメだ」と、自分を自分で押し

とどめてしまうのは、もったいない!

現実的に、勝負は、自分の得点だけで決まるわけ

ではないのだから。


特に、今年は、状況が状況なだけに「番狂わせ」も

ありそうで、先行きが見通しづらい。


また、これまで多くの留学生を見てきて、余裕しゃく

しゃくで結果を出したひとなど、ほとんどいない

のです。


現時点で、何ができて何ができないのか、弱点を

こそ意識して、最終突破に持ち込みたいもの。


今日のレッスンで最後に話したのは、「滑り込み

セーフ」でも、合格は合格だ、と!

私のことばを聞いて、笑顔が戻りました。

はい、その調子。










伊藤豊雄 設計「せんだいメディアテーク」

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ニューノーマルがもたらしたもの

4日前、投稿論文が審査を通ったとの通知を受け、 最終の校正をおこない、昨日、完成した原稿を 先方に送りました。 3日間かけ、慎重に見直しをしましたが、3万字強の 長さで、他人には一切チェックをしてもらって いないため、神経を削りはしました。 ようやく今、晴れやかな気持ちで、次の論文の構想 を練っています。 コロナ禍は、字義通り、多くの災「禍」をもたらし ました。 一方で、それが切り替えさせ