top of page
  • 日本語空間

現役(げんえき)

現役というときに、それは何を指すのでしょうか?


『生物と無生物のあいだ』には、「死んだ鳥症候群」と

いうことばが出てきます。


私は、その名称自体初めて知りましたが、思い当たること

はあり過ぎるほどにあります。

一度大学院に身を置いた者であれば、このような事象

は、見聞きして知っているでしょう。


功成り名を遂げた(こうなりなをとげた)大教授が、

力強く大空を飛ぶのを、ひとびとは尊敬のまなざしで

眺める。


そのように研究活動が円熟期を迎えたとき、そこまでは

よいが、やがて最も長(た)けてくるのは、いかに仕事を

精力的におこなっているかを、世間に示す術(すべ)と

なる。


皆は称賛を惜しまず、鳥は、優雅(ゆうが)に羽ばたいて

いるように見えるが、実際には「死んでいる」。

なぜなら、鳥のなかで情熱はすでに燃え尽きているから

というものです。


アカデミックな機関に限らず、「名実」のうち「名」を

有しながら「実」が伴わない人間は、外側からわからない

だけでたくさん存在する、というのはめずらしいことでは

ありません。


両方が備われば、虚飾(きょしょく)を取りつくろいつつ

生きていくことからは、免(まぬが)れるかもしれませんが。


社会において、どこで何にたずさわるにしても、われわれ

は「実」を第一に備えた現役たりたい、とあらためて

願わずにはいられません。












“ DNAラセン構造を解明したフランシス・クリックと、

ジェームズ・ワトソンは、ロザリンド・フランクリン

のデータをひそかに盗み見ていた。

そのデータから仮説への確信を得た両者は、1962年に

ノーベル賞を獲得することとなる。

一方、地道に研究を続けていたフランクリンは、事実

を知らないまま、X線の浴び過ぎにより、1958年にガン

で早世(そうせい)した。”


※テキスト

福岡伸一『生物と無生物のあいだ』講談社(2007)

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リファレンスは足りているか?

先週から今週にかけて、読まねばならない本が山積 していて、ブログの更新が遅れてしまった… 読まねばならないと書いたが、学位論文や投稿論文、 研究計画書のサポートをする際、学習者の方と共に 相当量の読書をこなす。 Pdf形式の論文にも目を通すが、大学院レベルとも なれば、やはり書籍がメインとなる。 初めて本格的な論文執筆に取り組む場合、「書く」 方にばかり意識が行ってしまうかもしれないが、 実は、そ

bottom of page