• 日本語空間

されど!面接

昨日、学習者の方が、大学入試の面接を受けました。


その方の志望する学科では、昨年の合格者はたった1人。

他に、同大学では、1人も合格者を出さなかった科も

あり。


日本人に比し、留学生の合格者数があまりにも少ない

ため、原因を徹底的に分析して臨んだところ、予想した

質問がすべて出されたとのことです。


ちなみに、その少し前に受けた大学の面接とは、180度

違っていたらしい。


大学ごとの方式、重視する点は、大きく異なるので、

筆記試験ではないからといって侮ってはなりません。

たかが面接? されど面接‼


スロースターターというと、若干語弊があるかもしれま

せんが、その方は、緩やかにコンディションを上げて

いくタイプ。

しかし、本番になると一気に調子を上げるので、毎回

驚かされます。


面接が終わった後、送られてきたメールを見て、感涙。

「結果はわからないですが、後悔のない受験ができました。

本当にありがとうございます」。


筆記試験にとどまらず、志望理由や学習計画、面接まで、

一切手抜きをせず、丁寧に対策をした学生が、ベストな

働きをすることは、これまで見てきた通り。


世は三連休ですが、受験シーズンは、まだまだ続きます。









北海道では、もう雪が降っているそうです。

写真は、美瑛町の「青い池」。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ニューノーマルがもたらしたもの

4日前、投稿論文が審査を通ったとの通知を受け、 最終の校正をおこない、昨日、完成した原稿を 先方に送りました。 3日間かけ、慎重に見直しをしましたが、3万字強の 長さで、他人には一切チェックをしてもらって いないため、神経を削りはしました。 ようやく今、晴れやかな気持ちで、次の論文の構想 を練っています。 コロナ禍は、字義通り、多くの災「禍」をもたらし ました。 一方で、それが切り替えさせ