top of page
  • 日本語空間

知的ダイナミズムあればこそ

創造的な営みには「よろこび」が伴う。


私自身が学術論文と向き合うのも、単に文章を書く

のでなく、そこにあたらしい世界を出現させるべく、

創造的な取り組みをおこないうるからである。


まるで哲学の問答めくが、己が、知的ダイナミズム

を招き寄せているのか? 己以前、歴史的に堆積

した「知」が、それを可能にしているのか?

答えは相乗作用によるものだろう。


創造的な営みに「省略」や「量産」は望めない。


迷い、迂回をし、ようやくたどり着いた場所に

知の光は射し込む。


21世紀に入り、人類の知性もまた大きな転換点に

立っているようだ。

そこで、まさに現代とは何か? を考えるために、

近代の歴史を繙いている。


たとえば、近代の産業革命がもたらしたのは、生活の

質の向上と、同時に人間性の疎外だった。


Chat GPTが、今話題となっており、これからなくなる

職業、残る職業などが予想されている。


このような時期であるからこそ、無自覚に流れに飛び

乗るのでなく、少し距離を置いた場所で、己の知性と

感性を研ぎ澄ますことが求められているのだろう。

  チウ・ション監督『郊外の鳥たち』

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

Commentaires

Les commentaires n'ont pas pu être chargés.
Il semble qu'un problème technique est survenu. Veuillez essayer de vous reconnecter ou d'actualiser la page.
bottom of page