• 日本語空間

空間を偏在させる

7月も今日で終わります。


ウィズコロナの日常に免疫がついたのか、

活発な動きのみられた一か月でした。


無論油断は禁物ですが、危機がもたらした

利点として、生活の創意工夫が挙げられる

でしょう。


もとより存在したものなので、一から

の創出ではないながら、「スカイプ」の

効用が実感されたのは幸いなこと。


できれば対面のレッスンがよいが一時的に

スカイプで、と希望した学習者の方もいました

が、非日常はもはや日常になりつつあります。


7月初旬、サバティカルで来日していた

医学部の教授が、予定を短縮し帰国すること

になりました。

しかし、帰国後もスカイプでレッスンが継続

されています。


他にも、芸術方面の仕事を長くされている

方、大学入試を控えている留学生の方、と

学習者が増え、個々の「空間」はより多様に。

そして「偏在」が可能になっているのは、

よろこばしい限りです。


本日も全力でレッスンに臨みましょう!













    近代の外国人居住地跡


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

縁は異(い)なもの

一昨年、卒業論文のサポートを依頼してきた元留学生が、 先週の土曜日に結婚式を挙げました。 卒業と結婚がほぼ同時とは、珍しいこと… しかし、そこに至るまでは、単調ではないドラマがあった のです。 最初、彼女は添削を希望していて、あまり完璧に直しすぎ ない方がいい、といわれたので、そのつもりでいました。 理由は、ゼミの先生にも直してもらう「余地」を残して おきたいから、と。 しかし、年末になってもいっ