• 日本語空間

立ちはだかる壁

昨日から天気が回復して、すっかり春らしい陽気に。


しかし、いきなり悲報が...!


地域の図書館は、一時的に閲覧ができなくなった

ものの、予約をすれば、窓口で本が受け取れてい

ました。


それが、緊急事態宣言を受けて、窓口での対応も

おこなわれなくなったというのです。

期限は、いったん5月6日までですが、宣言が解除

されないかぎり、窓口業務も再開されないとのこと。


予約した本のみ、郵送が可能だそうです。

しかし、自腹で郵送料を支払わねばならないので、

多読が必須の身としては、出費がかさみます(涙)。


あとは少し遠い母校の図書館まで借りにいくしかない。


国会図書館も、一部のサービスを除いて休館中だし、

資料を調べに訪れる予定だった機関も、軒並み業務

を停止してしまいました。


立ちはだかる壁は、一枚ではなく、四方から囲まれ

てしまったような気分。


けれども研究には、予期しなかったような障害が

多々つきまとうのです。

不便さ何するものぞ。


「のるかそるか」の勝負に、出ねばならないこと

だってあるのだから。

進もう! 一歩でも前へ。























12回の閲覧