top of page
  • 日本語空間

立ち上がることば










忙中閑あり(ぼうちゅうかんあり)

などと優雅に言ってみたいですが…


そうではなく、何とか時間を作り、どうしても

行きたかった展覧会の最終日に滑り込みました。


「人生100年時代」は、今日のキーワード。


しかし、平均寿命がそこまで長くなかった時代

に、亡くなる前日まで現場で指揮をし、まさに

天寿をまっとうしたのが、建築家の村野藤吾氏

(1891-1984)です。













無論、個人の能力も高かったのでしょうが、

2度の大戦を経て、戦後に才能を開花させたの

は、よほどタイミングに恵まれた例ですね。


代表作は、70歳を過ぎてから取り組んだという

のも驚きです。

身体だけでなく、頭脳が、現役で明晰さを保て

るなら、それ以上すばらしいことはない、と。


仕事の細部もさることながら、私は、村野氏の

残したことばに、静かに打たれました。


論文を書くとき、平面的でなく、いかに立体的に

書くかということに、心を砕きます。

その意味でも、異分野から謙虚に学びたい、と

希望しています。















  「ハシバシ」は「端々」のこと。

  カタカナ語が、現場っぽく臨場感

  があります!

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

Comments


bottom of page