• 日本語空間

立体的に書く

いささか唐突ですが…

このブログを訪れるすべての方のニーズに、お応えできないことが、遺憾で

あります。

良かれと判断して書いた内容が、誤解や混乱を与えないことを願っています。


最近、私自身が、どこに向かって書くべきなのか、迷い、悩んでいました。

なぜなら、この文章を読むのは、不特定多数の外国人学習者の方だからです。

それで、内容が、明快でなかったり、流れを重視した結果、かえって重複

したり、散発的になったりするのに、反省しきりでした。


しかし、やはり基本的には、日本語ネイティブレベル、研究者レベルを目指す

学習者を、意識して書き進むことにしたいと思います。


そこで、今日は、学位論文や投稿論文といった長い論述をおこなう際、重要な

点のひとつについてお話しします。


すでに、意識しているひとも少なくないと思いますが、論文の「構成」を

きっちりおこない、「部分」と「全体」に、常に目配りしつつ、全体を関連

させて書くと、平板でない立体的な文章になります。


と、理屈はそうでも、それは、一気に体得できる術ではありません。

しかし、この点を念頭に、書くことを積み重ねるうち、感覚がつかめていく

でしょう。


たとえば、締め切り間近の学位論文のサポートを依頼された際、

日本語の添削以外にも、可能な限り完成度を上げたい、という希望を受け、

平板な記述を立体的に書き直していくことがあります。


結果、審査員からの「日本語表現がすぐれている」というコメントには、

細部の表現にとどまらない、立体的に日本語が綴られている、という評価

が含まれていると考えられます。


先日も書いた通り「読ませる」文章は、多数の中にあっても、埋没せず、

輝きを放ちます。

そこでは、立体的に書く、ということが、切実にかかわっているのです。












  建築家の前川國男(1905-1986)邸


5回の閲覧