• 日本語空間

プロフェッショナルである所以(ゆえん)

「人生100年時代」と称される今日、「生涯現役」を体現する

ようなプロフェッショナルがいる。

先週末、街のアートフェアで、「手仕事」の妙味を鑑賞したが、 美術品でなく生活必需品の分野でも、みずからの手を動かし、 鋭い勘で「質」をきわめる高齢の現役職人が存在する。

その技こそ、むしろ、アートといいたいほどだ。 手と脳は、回路がつながっていることもあり、脳内が活性化され、 比較的自由な労働環境で、人間関係のストレスもなく、長い年月 仕事に専念できるのは、心身の健康にもつながっているのだろう。 何より、経済的理由からのみでなく、純粋な働くよろこびや、 矜持(きょうじ)から、現役を通しているのも特徴だ。 すべての人間が生涯現役である必要はなく、定年退職後、趣味を 楽しんだり、ゆったり生活したりするのも、当人が満足している なら幸いといえる。

だが、完全燃焼型ともいえる生涯現役のありかたに、どこかで 引かれる自分がいるようだ。 迷ってばかりの未熟な身は、悔いのない一徹な人生を、憧憬の目 で仰いでいる。

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、その道を行く超一流 のプロに密着したドキュメンタリー番組。

動画に登場する旋盤職人(せんばんしょくにん)の 岩井さんが住む大田区・蒲田(おおたく・かまた)は、 日本の高度成長を下支えしてきた町工場の地である。

閲覧数:29回0件のコメント