top of page
  • 日本語空間

背中を押してくれる人

留学生の話を聞くと、勉強だけでなく、日本人教員との

意思の疎通に悩んでいる話を聞くことが少なくない。

いずれの場合も、外国人である学生の方が歩み寄ろうと

努力しているのに、なかなか配慮をしてもらえないようで、

もどかしくも残念にも感じる。


各々の個人的な事情はともあれ、数ある国の中から日本

を選んで学びにやってきているのだから、どうか良い学校、

良い師に巡り会ってほしいものだと願わずにはいられない。


教師の役割は色々あれど、学生の背中を押してあげること

は大切で、それにより彼らの運命が好転することもある。


私自身、学校と名のつくものの最終地点といえる大学院で、 巡り会った先生方から受け取ったいちばん大切な経験は、 ここ一番という時に、背中を押してもらったことだった。

知識は、ある程度以上、ひとりでも習得することが可能 である。

しかし、大きく舵を切る方向を指し示してもらうのは、

何にもまして貴重な経験なのだ。

昨年から、お世話になった恩師が病床に着き、質問したい ことがたまったままになってしまった。 そうして、今頃になり、ご一緒させていただいた時間が いかに貴重であったかに気づく鈍い己である。


その先生にも、どれだけ背中を押してもらったことだろう。


お元気である間、もっとお話したかった、もっとお礼を

言えば良かったと、後悔は尽きない。


だが、今は、岐路にある学生の背中を、私自身が押して

あげる時が来ているのだろう。

もうことばを交わせない師も、それを、いちばん喜んで

くれるのかもしれない。



閲覧数:40回0件のコメント

Comentarios


bottom of page