• 日本語空間

良い文章にはリズムがある

良い文章にはリズムがある。

論文に、美文調は求められていないが、読みやすい

文章、読んでもらうための文章となれば、リズムを

まったく無視することはできない。


論文の添削をしていると、文章表現のこまやかな部分

にまで意識を欠かさない外国人学習者の方に出会い、

感心させられることがある。


日本人であっても、普段、文を書く機会はチャット

かメールくらいなのだから、まさにネイティブ顔負け

といえる。


一例を挙げれば、前後のセンテンスで、部分的に同じ

内容を扱うときにも、表現が重ならないよう工夫が

なされていたりする。


そう。

表現には幅があり、「言い換え」が可能なのだから、

どうしてもそれを回避できないときはともかく、

近い箇所で無造作に同じ表現の繰り返された文章は、

雑な印象になる。


ひいては、読み手に対する配慮がないとも受け取られ

かねない。


それでは、日本語に関し上級以上の文章力の持ち主

であっても、なかなか意識できないものは何かと

いえば、ズバリ「文末」表現だ。

具体的には、過去の出来事を扱うにしても「~た。」

ばかりを用いるのは、単調すぎる。


過去について言及するのでも、普通形を用いられる

場合がある。

そうして、文末表現を同じにせず、変化をつけること

でリズムが生まれる。


ただし、一定の長さの論文を執筆する際、推敲を

繰り返すうち、書き直さねばならないセンテンス

が必ず出てくる。

その場合も、前後の文まで書き直さねばならない

のであれば、文末にも微調整が必要となる。


学位論文にとどまらず、業績を積むため、数多くの

論文を書くこととなる大学院(特に博士課程)で

いわれる「作法」に関し、実際に、何をどうせよと

細かく指示されることは、むしろないかもしれない。


だが、書いて終わりでなく「読んでもらう」、さらに

いえば他の論文の間で「目を引く」存在となるのに、

文体への留意は必須なのである。


「何を」だけでなく、「どう」の部分にもこだわり、

心して執筆に励もう。

結果は、必ずついてくるはずだ。





閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

出会いがあれば別れがある。 それは、理(ことわり)なのに、 一抹の寂しさを拭うことができない。 『日本語空間』がスタートしてから、 今までいちばん長く(2年半!)学習 を続けた方が、今月中旬に国へ帰る。 毎週日曜日の晩、PCの画面で顔を 合わせながら、実際にお会いする機会 は一度もなかった。 それでも、何の問題もなく、最後まで 円滑に授業を進められたのは何よりだ。 帰国後は、日本語を使う頻度が減る