• 日本語空間

蘭学(らんがく)・写真・カステラ


以前に紹介した映画『合葬』のなかで、主人公の一人・悌二郎

(ていじろう)は、「長崎帰り(ながさきがえり)」という設定。

1868年当時、新しい学問を身につけたインテリといえます。


鎖国体制が敷かれた江戸時代にも、長崎は、公的には唯一、外国

へと開かれた窓でした。

ただし、1639年以来、そこで許された貿易の相手国は、オランダ※1)

と中国に限られることとなります。


そのような経緯から、江戸時代には「蘭学」--「蘭」はオランダ

の意味――が、隆盛(りゅうせい)します。

日本人が、歴史の授業でその名を学ぶ『蘭学事始(らんがくことはじめ)』

という本には、オランダの医学書を日本語に翻訳する苦心が、語られ

ています。


同様に、さまざまな精密機器(せいみつきき)が、長崎を通じ、日本

へと入ってきました。

たとえばカメラは、フランスで銀板写真(ぎんばんしゃしん)が発明

された4年後の1843年、長崎にもたらされています。

蘭学者を父に、長崎で生まれた上野彦馬(うえのひこま)は、オランダ

の軍医から化学を学び、写真師のパイオニアとなりました。


さらに、食文化の面でも、長崎では外国のものを日本風にアレンジし、

定着させていいます。


なかでも名物として知られる「カステラ」は、、16世紀にポルトガル

から伝わった菓子を、日本風にアレンジしたものです。


修学旅行で長崎を訪れたとき、カステラの工場を見学しました。

試食をさせてもらいましたが、育ち盛りの高校生は、「うまい!」と

遠慮も何もなくパクついていたと思います…


長崎には、カステラ店がたくさんあり、人気の店は、半年も予約待ち

の状況だそうです。

いちばん古い店は、なんと1624年の創業!

つまり、鎖国以前からの伝統を継承していることになります。




※1)その前に起きた「島原の乱」(1637-38)は、日本のカトリック

教徒による大規模な反乱で、鎖国の要因となった。

  オランダは、プロテスタント国だったので、スペインやポルトガル

  のようには警戒されず、布教でなく貿易に徹した。
















 カステラには、ザラメという種類の砂糖

(表面の結晶)と、良質の卵黄がたっぷり

 使ってあります。

 バターを使ったボリュームのあるケーキ

 より、ほのかに甘くやさしい味です。


11回の閲覧