top of page
  • 日本語空間

複雑さをたのしむ

意外に意識されていないが、学術論文を書く上で

重要な点に、単純さの回避がある。


そもそも単純すぎる記述は論文として成立しない。


換言すれば、具象的な事実をまとめただけでは、

論文にはならないのだ。


そこで欠かせないのが抽象思考である。


あらかじめ問いや仮説を立てることは基本だが、

一気にそれを解くのでなく(解けるわけもなく)、

自身で懐疑しながら、ああでもない、こうでもない

と粘りつつ匍匐前進していくようなイメージと

言ったら伝わるだろうか。


特に文系の場合、1対1対応の絶対的な答えなど

あらかじめ存在しない。


この地点に立脚すればこう言える、という限定

つきで、それでも仮の答えを出さねばならないのだ。


何だか「ないない」尽くしになってしまったが、

このような複雑さも、書き続けるうちに勘ができて

きて、進み方が体得できるものなのである。


やはりアカデミズムの世界も、上に行けば行くほど

「習うより慣れろ(己で)」となってくる。


難解さも、いわばエンジョイした者勝ち!

高度なゲームに興じるように、複雑さをたのしもう。

磯崎新(いそざきあらた)『北九州市立美術館』

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page