top of page
  • 日本語空間

語彙力を強化する

日本語学習には、何がいちばん大切か?

または、日本語力とは何か? と尋ねられたら、

「語彙力」と答えたい。


それは、端的に、日本語が文字語彙の多い言語

だからです。

語彙は、四技能すべてに関わりますし、その人

の語彙からは、日本語能力を把握しやすいと

言えます。


まずは語彙の数を増やすこと、そして「使い分け」

を意識的に行えるようになること。


N2レベルの学習者が、大学入試で小論文を行う

ため、現在指導をしていますが、壁として立ちはだ

かっているのがまさに「語彙」。


日本語学校での勉強は、JLPT対策が中心のため、

長い文章に接することが少ないです。

また、そこでは、外国人向けのテキストを使って

います。


しかし、各大学が独自で作成する入学試験問題に

出題されるのは、よりレベルが高い文章。

「四択」や「〇×」方式に慣れてしまっていては、

とても太刀打ちできません!


レッスンでは、「新書」や新聞の記事、動画など

を用い、より高度なネイティブレベルの日本語を、

どんどん取り込んでいきます。


一般的な日本語学習のように、ステップバイステップ

で進む方法は、学習者の負担を減らすという意味で

は理想的ですが、短期間での目標達成には向きません。


そうは言っても、学習者の心理的負担も伝わるので、

こちらも難易度を調整し、励ましのことばをかけつつ

進みます。


書きことば的な硬い表現を、論述で使えるようになる

まで――。

試験日から逆算し、綿密な予定を立て、根気強く

能力を引き上げていきます!



















  毎日事務所にやってくる野良猫。

  目に特徴があるので「メメ(目々)」

  と名付ける。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

Comments


bottom of page