• 日本語空間

論文の「顔」

残り少ない今年の時間を意識し、カレンダーと

時計を常に見える場所に置き、ラストスパート

をかけています!


現在、卒業論文のサポート真最中。

授業形式ではなく、原稿を預かる形での添削です。


実際に、後で担当教員にも見てもらう予定と

のことですが、その前に、目立つミスがあれば

直そうというのは、意識が高いですね。


論文の骨格はできており、ひとつひとつの文章

も、意味は明確で、4年分の成果が出ているのは

立派だと感じます。


ただ、やはり自然さには欠けるところがあり、

細かく直すと、訂正箇所はけっこうな数に上り

ました。

→1回目の添削後、本人に見てもらったところ、

「とても勉強になった」とのコメントが返って

きました。


同時に、もったいないと感じたのが、序論と結論

です。

せっかくオリジナリティのある論考なのに、

書き方が、平面的過ぎて控えめ。


正しいことを書けば良いというものではなく、

文章に「メリハリ」をつけ、堂々と主張するのが

大切です。


序論、本論、結論というと、やはり本論がいちばん

重要、と皆さん考えるでしょう。


それは、一面そうなのですが、本論は、自分自身の

考えよりは、客観的な事実の記述や分析、例証が

主たるものとなります。

無論、おろそかにしてよいものではありませんが、

完璧を目指しすぎると、時間切れになることも。


特に時間が押している時には、論文の「顔」である

序論で、力強く主張をし、それを受けた結論で、今後

の展望に説得力をを持たせると、開かれた論文と

なり、好印象を与えられます。


論文サバイバルの極意。

使える時間は、まだ残っています!























槇文彦氏設計の新市庁舎が水都にそびえ立つ。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

縁は異(い)なもの

一昨年、卒業論文のサポートを依頼してきた元留学生が、 先週の土曜日に結婚式を挙げました。 卒業と結婚がほぼ同時とは、珍しいこと… しかし、そこに至るまでは、単調ではないドラマがあった のです。 最初、彼女は添削を希望していて、あまり完璧に直しすぎ ない方がいい、といわれたので、そのつもりでいました。 理由は、ゼミの先生にも直してもらう「余地」を残して おきたいから、と。 しかし、年末になってもいっ