• 日本語空間

転換期の人間(2)「モダン」

少し前に、TV番組で、幕末の武士の写真が紹介されました。

なかでも、モダンな「たたずまい」の武士に、驚きの声が

上がったようです。

彼らは、確かに、150年前というより(服装はともかく)今、

街中(まちなか)を歩いていてもおかしくないような雰囲気

を漂わせています。

一体その「あたらしさ」はどこからくるのか? と考えると、

彼らの進取(しんしゅ)の精神が関係している、と思えて

なりません。


特に、「顔立ち」は、持って生まれたものですが、「顔つき」

には、そのひとの生き方が反映されるといいます。

明日の故国がどうなるかもわからない時代の転換期。

彼らは、まっすぐ未来を見据えながら、自身の生き方を模索

(もさく)していたのではないでしょうか。



















 池田長発 いけだ ながおき(1837-1879)

井原(現在の岡山県)領主の家に生まれる。

昌平黌(しょうへいこう)―― 東京大学の

源流 ――で、優秀な成績を収め、外国奉行

となる。1863年に、交渉をおこなうため

フランスへ渡った。

帰国後、「開国」を主張し、処分を受ける

が、のちに許されて軍艦奉行並となる。





























 奥平昌邁 おくだいら まさゆき(1855-1884)

中津藩現在の大分県)の最後の藩主。

慶応義塾に入学後、福沢諭吉(ふくざわゆきち)

に勧められ、1871年、アメリカへ留学した。

帰国後、東京府議会議員となる。

家格(かかく)ではなく、実力重視の人材登用

をおこない、教育の方面でも足跡を残した。


40回の閲覧