• 日本語空間

通り雨のごとく

今日で、5月が終わります。


わずか一か月ほどの間、私たちは、以前の日常生活が取り

戻されるのではないか、と日ごと期待を募らせ、実際に、

有事における宣言は解除されることとなりました。


しかし、危機は、通り雨のごとく、私たちの頭上を通過した

のではありません。


ささやかな日常が、かけがえのないものに思える一方で、

「大気」が人間を、自然に生かしてくれると感じられた素朴な

時代は、はるか遠くになりました。


ただし、今回のパンデミックにあり、総じてひとびとの行動は、

冷静だったといえるのではないでしょうか。


以前、ブログで触れたペーター・スローターダイクの『空震』

を、今朝、読み返していました。

表現には、慎重にならざるをえませんが、世界を巻き込んだ

ウィルスとの闘いは、疑似戦争の様相を呈していたからです。


近代の世界戦の教訓によれば、災禍の一因に、大衆の意識の

「朦朧状態(もうろうじょうたい)」が、指摘されています。

スローターダイクは、それを、以下のように分析します。


「朦朧状態というのは、人間たちが正常=規範的なもの

(das Normale)に囚われたトランスの中で単なる“トレンド

を追う者”として運動することを指す」。


規範とは何か?

それは、自明のごとく存在する不変のものではなく、時々に

解体され、構築されていくものなのでしょう。


たとえば、日本語で、「ぶれない」というのは、ひとに対し

もちいられる肯定的な評価。

面と向かっていうよりは、当人のいないところで、「あのひと、

本当にぶれてないですよね」などと形容します。


周囲に対しては、誠実に配慮しながらも、自分自身の軸足を

決めたら、ぶれずに! 粛々(しゅくしゅく)と、なすべき

ことをおこないたいものです。



                 初夏のふ頭

15回の閲覧