• 日本語空間

速読と精読

仕事が閑散期のときは、読書量を増やすことが

できるので、それはそれでうれしいのですが。


読んでも読んでも終わらない。

自分でそのように設定しているのだけれど。

欲望は深海のごとく…


日本語で書かれたものでも、具象的な内容は

すばやく読めますが、抽象的な内容は、より

時間がかかります。


前者は速読(スキャニング)向き、後者は

精読の傾向で、傍線の数とメモが多くなります。


今のような時期でも、投稿論文には支障がない

のは、不幸中の幸いでした。


今、助走の真最中です。


地域の図書館は、閲覧はできないものの、予約

した本は借りられるので、頻繁に通っています。


明日も、健康のため1時間ほど歩いて図書館へ!


夕日を浴びた満開の山桜

8回の閲覧