• 日本語空間

読書術 (2)速読と精読を組み合わせる

読書行為が、すでに身についている方には、各々、習慣

や流儀があるでしょう。


私のそれも、誰かに教わったのではなく、自然に身に

ついたものです。


昨日は、私にとっての基本的な読書行為である“併読”を

挙げました。


その他に、“速読”と“精読”の組み合わせがあります。


あらゆる本に書かれている内容は、具象的なものと抽象的

なものに、ざっくり分けられます。


換言すれば、前者は、客観的な事実に基づいて書かれており、

後者は、ある措定の上で論じられるといえるでしょう。


たとえば、歴史学において、通史的な記述は前者にあたり、

理論をもちいた歴史哲学は後者にあたります。


具象的な内容は、ザックザックと読み進めることが可能

なので、本当に必要な部分だけに集中し、枝葉のような箇所

は、読み飛ばしていきます。

誰が書いた著書でも同じとはいえないまでも、あらかじめ

一定以上の共通認識によっているため、深く考える必要はない。

とりあえず押さえておく情報。


しかし、抽象的な内容は、より集中し、内容を咀嚼すること

となります。

基本的には、束の間の理論(passing theory)とみなされる

が、示唆を与えられることが多い。


双方の読書を、交互に、可能な限り長時間おこないます。

それによって、非常に密度の濃い読書行為が成り立つのです。

















    南禅寺・水路閣(京都)

0回の閲覧0件のコメント