top of page
  • 日本語空間

進取果敢(しんしゅかかん)

新年のあたらしい週が明けました。

青空が広がり、晴れやかな気分です。


今日からは、地元の図書館が開くので、行くのが

待ち遠しい!


以前にもお話ししましたが、書く行為に就く前に

は、まず、読む行為から始める。

当然じゃない、といわれそう?


論述の場合、メモやおおまかな計画は、そのつど

記しますが、いきなり本文を書きだすことはあり

えないので。


専攻分野により、資料収集や調査、実験等、執筆

に入るまでの作業は異なるものの、広義の文系で、

「多読」は基本でしょう。


1年の計は元旦にあり、といいます。

私が、年頭にあたり決意したのは、自身の研究に

おいて、これまでと異なる領域のテーマに挑戦する、

ということです。


もともと学際的なアプローチをおこなってきま

したが、より文理の境界を行き来したいと希望

しています。


そうすることで、仕事でも、より幅広いニーズに

応えられますし。

やはり、インタラクティブ重視。


アフターダイバーシティの今日、研究が、現実に

追い越されているようでは、当該の行為が意味を

なさなくなると胸に刻み、

大胆に! 忖度(そんたく)なしで! 前進します。




























       筧麗佳氏 筆


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page