• 日本語空間

霜月(しもつき)

12ヶ月の旧称で、11月は「霜月(しもつき)」と

呼びます。


昔なら、霜が立つほど寒い時期だったのでしょうが、

現在は、温暖化で霜を見かける機会もないほど。

そういえば、霜っていつ見たのか?

記憶にありません…


2020年の元旦に、年頭の所感をやや気負って記した

のが、つい先日のようなのに、1年も残すところ

たったひと月。


何となく焦る気持ちと同時に、来し方(こしかた)が

振り返られます。


それ以前には、想像もできなかった全面オンライン

授業が、意外にもスムースに運び、むしろ長所の

ほうが実感できたのは、不幸中の幸いだったといえる

でしょう。


特に、画面越しの、つまり一度もじかに会ったことが

ない学生が、大学入試で合格を果たしたことは、

大きな手応えとなりました。


大学、大学院(特に前者)では、オンライン授業に

対する不慣れさから、足並みの乱れもあったようですが。


対面であれ、オンラインであれ、1対1形式の指導は

短期間で着実に結果を出したい学生に最適である、と

確信を持てました。


卒業論文や学位論文の締め切りも間近ですが、何より

「パスする」には、いったん冷静になり、形を整える=

論文らしく見せることもテクニックの一つ。


ひるまず、前に踏み出しましょう‼











2020.11.30

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつもの5月なら、陽光が降り注ぎ風もさわやかで、 いちばん過ごしやすい季節のはずなのに、今年はやけ に雨が多く、天気が不安定だ。 何でもラニーニャ現象により、梅雨が早く到来する かもしれないとのことで、少々落胆している。 だが、今日は久しぶりに青空が広がり、外を歩いて いると空気もさらっとして心地よかった。 コロナや終わる気配のない東欧の戦争の影響で、 何があっても、心からよろこぶ気持ちになれない