top of page
  • 日本語空間

頂上までもう一息

年末は繁忙期と決まっていて、依頼が増える

ため、年の瀬まで慌ただしく過ごす。


今日も授業が四つあり、すべて異なる内容

なのだが、どれも手応えを感じていて、結果

を出すことができそうなのをうれしく思う。


特に論文指導は、締め切りを間近に控え、

白熱してきた…!


思えば、スタートから遠いゴールを目指し、

どれだけの労力をかけてきたことだろう。

学習者の方と、二人三脚のようにして、連絡を

密に取りながら着実に進んできたのである。


以前、論文を「建築」にたとえたことがあるが、

その建築物がまもなく姿を現わす。


この「時が満ちていく感じ」がたまらない。


何度、その現場に立ち会っても、いつも感動は

あたらしいものだ。


時間の無駄を省き、感覚を研ぎ澄まし、最高の

仕上がりを目指そう!!


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page