top of page
  • 日本語空間

頂上までもう一息

年末は繁忙期と決まっていて、依頼が増える

ため、年の瀬まで慌ただしく過ごす。


今日も授業が四つあり、すべて異なる内容

なのだが、どれも手応えを感じていて、結果

を出すことができそうなのをうれしく思う。


特に論文指導は、締め切りを間近に控え、

白熱してきた…!


思えば、スタートから遠いゴールを目指し、

どれだけの労力をかけてきたことだろう。

学習者の方と、二人三脚のようにして、連絡を

密に取りながら着実に進んできたのである。


以前、論文を「建築」にたとえたことがあるが、

その建築物がまもなく姿を現わす。


この「時が満ちていく感じ」がたまらない。


何度、その現場に立ち会っても、いつも感動は

あたらしいものだ。


時間の無駄を省き、感覚を研ぎ澄まし、最高の

仕上がりを目指そう!!


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リファレンスは足りているか?

先週から今週にかけて、読まねばならない本が山積 していて、ブログの更新が遅れてしまった… 読まねばならないと書いたが、学位論文や投稿論文、 研究計画書のサポートをする際、学習者の方と共に 相当量の読書をこなす。 Pdf形式の論文にも目を通すが、大学院レベルとも なれば、やはり書籍がメインとなる。 初めて本格的な論文執筆に取り組む場合、「書く」 方にばかり意識が行ってしまうかもしれないが、 実は、そ

bottom of page