• 日本語空間

「生活」

数年前、執筆の終わりがくるとも感じられない

博士論文と向かい合い、大学図書館から閉館

間近、足早に帰るとき、講堂の前でいつもギター

を弾いているひとがいました。


晩秋の冷え切った空気の中、延々とドラマティック

にかき鳴らされるギターの音(ね)に、何度となく

足を止め、耳を傾けたものです。


そのひとは、講堂の庇の下にうずくまるように

してギターを弾いていたので、顔はよく見えません

でした。


モラトリアムな生活を送っていると、毎日は、日付

をなくしてしまったかのごとく、曜日の感覚もなく。


ただ季節が、勝手に移ろっていくようで。

1日は、別な1日に似ていました。


小林私(こばやしわたし)さんは、今、注目を

集めているシンガーソングライターで、

多摩美術大学の油絵学科に在籍中です。


小林さんが、かき鳴らすギターに、あの凍(い)て

ついた夜の道を思い出しました。











     2019年バージョン

小林さんは、東京都あきる野市の出身だそう

です。この動画では、郊外の感じが伝わって

きますね。










     2020年バージョン

「抜け感」はあるけれど、原曲とはだいぶ

異なった趣きです。


「らりるれろ」がR発音…

20回の閲覧