top of page
  • 日本語空間

デジャヴ

散歩をしていて、小道などに古びた椅子が二つ

置いてあるのを、時々見かける。


日本だけでなく、カメラを片手に出かけた外国

でも、そのような光景に出会った。


誰かが腰をかけ憩うようすも、心なごむもの

だが、椅子だけがぽつんとあるだけの佇まい

に、より惹かれている自分がいる。


いつ、誰が、そこに椅子を置いたのか?

知ることはかなわないが、見知らぬ人(おそらく

は一生会うこともない)を思い、そうした

のに相違ない。

そして、その数は、決まって二つなのだった。

既視感のある場所に何度も巡り会うふしぎ――


   2023.2.23  

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page