top of page
  • 日本語空間

波に乗る

年末から問い合わせが続き、にわかに慌ただしい日々が

訪れた。

日本への留学を検討する人が増えたのは、コロナがほぼ

終息したことの証なのだろう。

 

特に大学院は、誰もが進学する機関ではないので、そこに

入ろうする人が出てきたのには希望が持てる。

 

自分自身、やはり本当に学びを究められたのは大学院の

修士課程、博士課程だったので、より多くの外国人学生が

日本の大学院で充実した時間を送れることを心から願う。

修士課程を終えたら社会に出る人であっても、さらに

博士課程に進み、研究者を目指す人であっても!

 

コロナ一色だった頃は、学校も会社も街中も、どんよりした

空気が漂い、すべてが停滞して感じられた。

 

しかし、今こそ長く続いた負の時を押し返すかのごとく、

社会全体に活気が満ちているのを感じる。

このような時にこそ、波に乗り、行けるところまで行こう。

 

時運を味方につけられるかどうかも、才能といえば才能だ。

学生時代最後のかけがえのない時間に、もう一花咲かそう

ではないか!



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Kommentare


bottom of page