• 日本語空間

粘り強く

年の瀬を、論文の締め切りに追われ、過ごすことは

珍しくありません。


大晦日は、学会や海外の大学研究所に投稿する論文の

締め切りと重なることが少なくないため、PCと向かい

合いながらの年越しとなることもしばしば…


今年も、仕事と研究を並行させつつ、そんな年末を

過ごします。


さて、以前、推敲に関する話を書きました。

依頼を受けた論文の添削においても、自分自身の論文

も、可能な限り見直しを行います。


それは、どこまでも粘り強く…!


たとえば、2万から3万字ほどの投稿論文で、執筆中、

書き始めから書き終えたところまで、何度も何度も

循環するように見直しを行い、推敲を重ねます。


時間があれば、100回くらいの見直しなんて普通。

心を尽くし携わってきた文章です。

疲れなど感じません。


冬の寒さも、緊張感を保つため、味方につけてしまい

ましょう。


ただし、膝に乗ろうと構えている子猫は、牽制しながら。

     











       アラスカにて

   星野道夫(ほしのみちお)撮影

9回の閲覧0件のコメント