• 日本語空間

粘り強く

年の瀬を、論文の締め切りに追われ、過ごすことは

珍しくありません。


大晦日は、学会や海外の大学研究所に投稿する論文の

締め切りと重なることが少なくないため、PCと向かい

合いながらの年越しとなることもしばしば…


今年も、仕事と研究を並行させつつ、そんな年末を

過ごします。


さて、以前、推敲に関する話を書きました。

依頼を受けた論文の添削においても、自分自身の論文

も、可能な限り見直しを行います。


それは、どこまでも粘り強く…!


たとえば、2万から3万字ほどの投稿論文で、執筆中、

書き始めから書き終えたところまで、何度も何度も

循環するように見直しを行い、推敲を重ねます。


時間があれば、100回くらいの見直しなんて普通。

心を尽くし携わってきた文章です。

疲れなど感じません。


冬の寒さも、緊張感を保つため、味方につけてしまい

ましょう。


ただし、膝に乗ろうと構えている子猫は、牽制しながら。

     











       アラスカにて

   星野道夫(ほしのみちお)撮影

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

縁は異(い)なもの

一昨年、卒業論文のサポートを依頼してきた元留学生が、 先週の土曜日に結婚式を挙げました。 卒業と結婚がほぼ同時とは、珍しいこと… しかし、そこに至るまでは、単調ではないドラマがあった のです。 最初、彼女は添削を希望していて、あまり完璧に直しすぎ ない方がいい、といわれたので、そのつもりでいました。 理由は、ゼミの先生にも直してもらう「余地」を残して おきたいから、と。 しかし、年末になってもいっ