• 日本語空間

職人気質

新政権発足により、デジタル庁が設置され、日本も

遅まきながら生活全般のデジタル化が促進される

こととなりました。


しかし、日本がIT等の分野で出遅れていたといわれる

のは、この国が、感覚的に鈍かったということの証左

にはならないでしょう。


不合理な言語ともいえる日本語に象徴されるごとく

日本は、利便性よりも、感覚的な部分を尊重する

傾向があります。


かかる性格は、デジタルよりはアナログと親和的なの

です。


無論、時代の流れや技術革新を無視していては、

生活は成り立ちません。


とはいえ、たとえば「はんこ」が不必要となると、

印鑑職人の匠(たくみ)の技は、どこへ行くので

しょうか?


眼前の現実を見据えつつ、日本の伝統文化である

「モノづくり」や「熟練の技」を大事にしたいもの

です。


「質」に徹底してこだわること。

安藤忠雄さんが、先日のインタビューで語っていた

ように、その仕事に全存在を賭け、生きているひと

を「一流」と呼びたい。

職人気質(しょくにんかたぎ)よ、永遠なれ!
















まさかと思いましたが、ありました…

「寿司ロボット」。

味は一体?

3回の閲覧