• 日本語空間

手仕事

著書『漂うモダニズム』で、槇文彦氏は、建築のデザイン

の過程を、一人の建築家の頭脳のなかで「理性と感性の間断

(かんだん)なきキャッチボールによって生まれてくる」と

表現しています。


AI時代の到来が、真実味を帯びてきている現在。

淘汰(とうた)されずに生き残る強靭(きょうじん)な「知」

とは何か? と問うとき、そのようなキャッチボールから、

人間が生み出す「何か」が、リアルに感じられます。


前回紹介した田中智之氏のボールペン画は、あたかも建造物の

「レントゲン」のようでした。

驚くべきことに、田中氏は、描くまえにコンピューターは使用

しない、といいます。

なぜかというと「必要ないから」。


まずは、鉛筆でドラフトを作成し、注意深くペンで仕上げていく

そうです。

情報を1週間で整理し、描くのに要するのは、わずか1週間。


肉体に備わった「理性」的な透視眼の精巧さ!

一方で、設計とは異なり、対象物はすでに現前するものの、

いかにそれを表現するかという「感性」も、当然、動員されます。


その力量には、瞠目させられますが、確かな存在感を放つ空間

をささえているのは、手仕事への情熱なのではないでしょうか。












熊本大学 田中智之研究室

   (施工:相互運輸 三善建設)

熊本地震発生から2か月後に、熊本大学で立ち

上げられた復興プロジェクトにより、公園の

敷地内に建てられた。

※『新建築』2017年9月号

16回の閲覧