• 日本語空間

猫百態

昨晩、メメ(保護猫)が脱走し、大変なことになりました。


事務所は、1階で庭があるのですが、戸を開けたときに外へ

出てしまったのです。

用心していたのに…


少し前から、戸の外をじっと見ている後ろ姿に、哀愁?が

漂っており、野良猫時代を恋しく思っているのか、と

罪悪感をおぼえたのですが。

やはりチャンスを狙っていたのか?


両隣りの家の庭とうちの庭をうろうろしながら、3時間くらい

は捕まらなかったのですが、その後、自分から帰ってきました。


メメは、生後7か月。

うち4か月は餌を与えていたので、実際には半野良くらい。

それでも、野生の血が騒ぐのか、かなりやんちゃな雌猫です。


たった3時間ほどのあいだに、もう飼うのは無理かな?

と気弱になってしまいました。

仕事があり、始終かまってあげることができないので、

限界かと。


しかし!帰ってきてからは、何事もなかったかのように餌を

完食し、膝に乗ってくる子猫様…


こちらとしては、やむにやまれず保護したのだけれど、元々

猫好きのひとは、振り回されることをも受け入れられる

寛容な性格なのだろう、と。

頭が下がります。



















 浮世絵には、人間のような姿態の猫が、

 さまざまに描かれています。

 この作品は、歌川国芳の「流行猫じゃらし」

2回の閲覧0件のコメント