top of page
  • 日本語空間

翻訳調

今まで考えることもなかったのだが、留学生の中には、

翻訳機を使って、レポートや論文を書く人がいるらしい。

 

だが、無料の翻訳機などは、簡単な会話レベルであれば

訳すのに都合よく、間違いも少ないとはいえ、アカデミック

な論述には適さない。

 

先日授業の後に、学習者が母国語で書いた論述を、翻訳機

にかける(ご本人は承諾済み)と、色々興味深い結果が

得られた。

 

(1)1センテンスが6~7行にも及び、読みづらい。

※複文は、短すぎても(1行にも満たないと)バランスが

悪いが、長かったとしても3行くらいが妥当。

(2)文頭と文末がつながらない。

※(1)のような超ロングセンテンスにおいては、どこが

どこに「かかる」のかが明確でなく、文脈を見失ってしまう。

(3)主体(主語)が誰だかわからない。

※筆者なのか? 他の主体(人間or人間以外)なのか?

(4)いかにも翻訳調の言い回し

※何となく意味は通じるが、自然な日本語表現でない。

 

いくら自国語をコピー&ペーストのようにして、翻訳機に

かけたところで、何かしらの訳文は出てくるが、そもそも

それが適切なものかどうかの判断は、いかにして為せるか?

 

答えはいうまでもない。

 

デジタルであることが善で、アナログは時代遅れのような

言説が、巷にはびこっている。

 

問題は、デジタルかアナログかでなく、思考することを

放棄したまま、趨勢に飛び乗ろうとする態度だろう。

 

わざわざ留学しなくとも、翻訳機を使い、翻訳調の

外国語を使うことはできる。

 

しかし、人生の一時期に、留学という選択をおこない、

その後も当該の体験を生かすというのであれば、

一生ものの外国語を身につけたいものだ。












    「西武大津店」菊竹清訓 

閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page