top of page
  • 日本語空間

非日常

先日の授業中、学習者と話していて「非日常」と

いうことばが飛び出した。


安定した日常は大切だが、たとえば自分にとって

の転機や、新しい風を呼び込むため、非日常的な

空間から刺激をもらうことも大切だ、と。


その方は、旅行が好きで、まとまった時間が取れる

とあちこち出かけているようだ。


そう、旅行こそ何より非日常を味わわせてくれる

場といえるだろう。


コロナで、しばらく移動が制限されていたが、

解禁後に、多くの人々が旅行を開始したのは、

人間がやはり日常だけではやっていけないこと

の証なのかもしれない。


それでは、論文を書くことは日常的な行為だろうか?


色々な意見があるかもしれないが、実際に長い論述

をものした人は、そこに非日常的なものを見出して

いるのではないかと想像する。


己と対象が近すぎたら「全体像」を見失う。

そのため執筆という行為を通し、論文とつながりつつ、

一方で、身を離して対象化をおこなうのも欠かせない

行為なのだ。


個人的には、この非日常性は心躍るもので、長く

困難な執筆を続けるための大きなモチベーションと

なった…!!


見知らぬ土地で、日常から解放されるように、

論文の大海を非日常的な体感で泳ぎ切ろう。

Fan Ho “Hong Kong Yesterday”

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page