• 日本語空間

香る港(かおるみなと)

港町の潮風は外国の香りを伝えてくれます。


心が曇ったとき、海の近くを散歩すれば、

文化のソト側から、清新な風が吹き込む。


どんなに落ち込んでも、今いる場所が耐え

難くなっても、海に目をやれば湛えられた

水の先には、別な世界が開けていると。


信じられることは救いです。









コーズウェイベイ(銅羅湾)に友人が住んで

いました。

早稲田大学への留学経験もある日本語の堪能

なひとでした。

会えなくなってしまったけれど、幸多かれと

願っています。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつもの5月なら、陽光が降り注ぎ風もさわやかで、 いちばん過ごしやすい季節のはずなのに、今年はやけ に雨が多く、天気が不安定だ。 何でもラニーニャ現象により、梅雨が早く到来する かもしれないとのことで、少々落胆している。 だが、今日は久しぶりに青空が広がり、外を歩いて いると空気もさらっとして心地よかった。 コロナや終わる気配のない東欧の戦争の影響で、 何があっても、心からよろこぶ気持ちになれない