• 日本語空間

75年



















鹿児島県万世飛行場にて(1945年5月26日)


75年前の写真が語るもの―


出撃予定の2時間前に撮影されたが、悪天候の

ため予定は1日延期された。


前列左より早川勉(享年18歳)、

子犬を抱いた荒木幸雄(享年17歳)、

千田孝正(享年18歳)、

後列左より高橋要(享年18歳)、

高橋峯好(享年17歳)。


何を語ろうとも、圧倒的な歴史の事実の前に、

「ことば」は虚しく響くのではないか。


どの場所に立って見るかで、見方は180度

変わるかもしれない。


彼らが体当たりした「敵軍」の中にも、彼ら

のような若者はいただろう。


だが、過去の経験から学ぶのは、当然すぎる

ほどに当然だ。


一国で完結してしまわず、広く社会全般に

おいて若者を生かし、活かしこそすれ、

その未来を断つことは許されない。

18回の閲覧