• 日本語空間

晩夏

夏の盛りには、窓を閉めていても部屋

の中まで、ひっきりなしに鳴く蝉の声

が響いていました。


それが静かになってきて、以前書いた

ヒグラシの声は、もう聞こえません。


選手交代とばかりに、今裏庭では、

ツクツクボウシが鳴いています。

→日本人の耳には

「オーシンツクツク、オーシンツクツク」

と聞こえますが、どうですか?


それと同時に、ドアの外に、蝉の羽が

落ちているのを見かけるようになりました。

きれいに胴体の部分がなくなっていて、

何と無残な、と最初は感じましたが・・・


裏庭に居ついた子猫たちの仕業(しわざ)

なのでしょう。 


生命は、しかし循環し、季節は巡ります。


2020.8.31

11回の閲覧