top of page
  • 日本語空間

正論

年が明けたかと思ったら、すでに1か月が経とう

としている。

この間にもさまざまな出来事があった。

 

記憶力はよい方で、とりとめのない過去の出来事

なども覚えていたりするのだが、先日、学習者の

方が放ったフレーズはつよく心に刻まれたのだった。

 

「人文学は、人間に対する『愛』じゃないですか」。

 

正論である。

確かに、そうあらねばならないという理想である。

 

とはいえ社会に出ると、雑多な現実に巻き込まれ、

事務仕事に忙殺され、それらを否応なくこなして

いく毎日に向き合うこととなる。

挙げ句には、このような正論を、それは理想だ

けれども…といったんは否定しようとする向きも

少なくはない。

 

だが、人文学のように、実学とは異なる分野に

理想を掲げず、いかにして進むことが可能であろうか?

 

かかる潔癖ともいえる態度を、学生時代を終えてからも

保つのか、それとも理想とは乖離しつつ現実に迎合して

しまうのかで、研究に対する態度も変わってくるだろう。

 

ジェレミー・ベンサムは、「○○とはそういうものだ」

という言説が、子孫に幸福になってほしくない祖先の

呪いだと述べた…!

 

さて、2020年代も半ばに差しかかろうとしている。

 

われわれの前に、あらかじめ「そういうもの」と

しての現実があるのでなく、われわれが不断の問い

を続けていくことで、むしろ現実はいかようにも

変わりうる。

 

正論を手放さずにいこう!














石(いわ)ばしる垂水(たるみ)の上のさ蕨(わらび)の

萌(も)え出(い)づる春になりにけるかも…

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

Comments


bottom of page