• 日本語空間

空震(くうしん)

普段私たちは、そうとは意識しないで、

大気の中に生かされています。


「生かされて」と使役形をもちいたのは、

人間中心主義の時代を長く経た現在、

この事態が当然ではない、と考えられる

からです。


ペーター・スローターダイクは、

「大気=呼吸テロリズム」の開始を、

近代という時代に認めています。

周知のごとく、それは当該の時代に起きた

世界大戦と密接な関係があります。


「大気解明のプロセス」としての近代は、

その中で自然にふるまい、くつろげると

考えられた環境としての大気を、一変

させました。


今回、covid-19の世界的な流行には、

おなじみの陰謀論なども登場しましたが、

国家間が疑心暗鬼に陥り、危機を招くので

あれば、戦争に類似した状況であると

いえなくもありません。


スローターダイクは、現在の状況を先取り

したかのように、的確に断じています。

「20世紀が過ぎ去った今、“空気の申し子

としてのホモ・サピエンス”という仮説が、

最終的に実践的な輪郭を獲得するに至った」。


地震は、私たちが日常的に体験するものです

が、「空震」は、はっきりと認識する機会が

ほとんどなく。

しかし、そのふるえは、目に見えないから

こそ一層、ひとびとの心を恐怖で満たしつつ、

伝播(でんぱ)していくかのようです。


そうであればこそ! 素朴でいられた時代を

なつかしんだところで、何かが変わるわけ

ではないから。

私たち一人一人が、能動的に考え、行動する

ことが、今こそ求められているのではない

でしょうか?





















※テキスト

ペーター・スローターダイク

『空震――テロの源泉にて――』仲正昌樹訳 

お茶の水書房(2003)

5回の閲覧