• 日本語空間

饗宴(きょうえん)

昨年と同じく、コロナ禍の状況で、GWも

あっという間に過ぎました。


しかし、5月は、1年でいちばん過ごしやすく、

降り注ぐ陽光に、新緑と花々の美しい季節。

このような折であるからこそ、すべての人に

等しい恵みが、一層ありがたく感じられ…


ここ港町では、今、市の花である薔薇が、

そこかしこに咲いています。


特に、園芸が趣味という現在の市長の代になってから、

花で彩る街の美観には、力が入っているようで。


あたかもリレーのごとく、ある種の花が咲き終える

と、別な種の花が咲き出すさまは、見事というほか

ありません。












自然なように見えて、実は細かい計算が、隅々まで

行き届いているのでしょう。


昨年、立ち入り禁止になっていたローズガーデンは、

今年は、それなりの人出でした。













日常の回復が完全に見込めなくとも、自由に庭園を歩き

回る人たちは、華やいで見えました。


私も、図書館の行き帰りに、そこを通りましたが。


今さらながら、夕方から夜にかけ、人影のない庭園では、

薔薇の気配がより濃厚であることに気づき、造化の美に

思いを巡らせていたのです。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつもの5月なら、陽光が降り注ぎ風もさわやかで、 いちばん過ごしやすい季節のはずなのに、今年はやけ に雨が多く、天気が不安定だ。 何でもラニーニャ現象により、梅雨が早く到来する かもしれないとのことで、少々落胆している。 だが、今日は久しぶりに青空が広がり、外を歩いて いると空気もさらっとして心地よかった。 コロナや終わる気配のない東欧の戦争の影響で、 何があっても、心からよろこぶ気持ちになれない