top of page
  • 日本語空間

キラリと光る

会話をしたり、書いたものを読ませてもらったりしたとき、

「キラリと光るもの」を感じさせる人がいる。


それは、すでに開花しきった才能ではなく、「芽」の段階

ともいえるのだけど、ありきたりでない何かなのである。


たとえば学術論文においても、研究業績を積んだ者でなく、

経験の浅い者が、そうであるからこそ踏み出せる大胆な

行き方が確かにある。


この仕事に就いてから、研究者の卵(そう遠くない過去に

自分自身もそうだった)に出会ってきたが、彼らの書く

文章の中にキラリと光るものを見つけて、感動したことが

何度かあった。


いわば「若書き」の魅力。


すべての研究者が、経験の浅いころに、才能の片鱗を

うかがわせるわけではないし、キラリと光るものは

その先も同様に光り続けるとも限らない。


だがそういった芽を、指導に当たる教員は、幼稚なもの

として摘み取ってしまうべきではない。

最初から完成しているものなどないし、無難な行き方から

新規性のある論文は、生まれるはずもないのだから。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Opmerkingen


bottom of page